様々なメリットがある不織布を活用した製品の特徴とは

ブラインド清掃とは

雪と窓

ブラインドは個人で取り外して掃除をするのが難しい場合、専門業者へ依頼するという方法があります。専門の業者の場合は、持ち帰って専用の機械で洗浄を行ったりブラインドを取り付けたまま掃除を行うという方法があります。どちらの場合も金額にあまり差はなく大きさによって価格が設定されている場合がほとんどです。 1平方メートル当たり1000円から3000円程度が一般的な価格です。ただし、持ち帰って掃除を行う場合は別途諸経費がかかる業者もあり、事前に確認した方が良いでしょう。 オフィスや公共施設などに設置されている大型のブラインドの場合も大きさによって価格が設定されており、金額としては一般家庭のものとほぼ同じとなっているようです。

現在、国内で使用されているようなアルミ製のブラインドは1946年にアメリカのハンターダグラス社が開発しました。日本のメーカーがブラインドの製造を始めたのは昭和16年でした。戦後の高度経済成長期にビルが建設されると、オフィスの窓などに使われるようになり昭和40年代に入ると一般家庭でも簡単に使用できるものが開発されるようになりました。 現在では光量を調節したり人の視線を遮りプライバシーを確保するために簡単に羽根の角度が調節できたり素材が選べるように変化してきました。 最近では遮熱性が高いものや消臭機能があるものなど高性能なブラインドや、汚れがつきにくいコーティングがされていたり掃除のしやすいものが人気となっています。